意外に女性は本能的?”香り”で落とす

最近は女性だけに留まらず、男性にもアロマを利用している人が増えてきました。アロマオイルの中には、セックスの際に活用できるとされているオイルもありますが、試してみたことはおありでしょうか。以下に、代表的な「セックス用」アロマオイルの例と成分を挙げてみます。

王道!イランイラン

少しアロマに詳しい人なら、催淫効果と聞いたら真っ先にこれを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。古くはインド古代医学の時代から、人を淫らな気分にさせるとして活用されてきたアロマオイルです。 主な成分としては、モノテルペンアルコール類のリナロール、エステル類の酢酸ゲラニル・酢酸ベンジルなどが挙げられます。その中でも、リナロールに神経強壮作用があるため、これを香りとして摂取することで、敏感さが増すようです。また、これと他の成分との相乗効果により、集中力を高める効果もあります。余談ですが、スポーツ選手なども利用しているアロマなので、セックスに限らず、運動時全般で頼りになります。

合わせて使うと相乗効果!サンダルウッド

こちらも、ごく一般的なアロマオイルですね。少しスパイシーな森の香り、といったフレグランスで、さっぱりした香りを好む男性にも人気です。東洋では「白檀」(びゃくだん)とも呼ばれ、その高貴な香りから、宗教儀式などに使われてきた歴史があります。そのため、このアロマの香りを嗅ぐと、お寺を連想する人もいるようです。 サンダルウッドの原料は、同名の木。それを水蒸気蒸留し、精油にします。セスキテルペンアルコール類の割合が多く、原料の香りと合わせて、男性の汗にも含まれている男性フェロモンと非常に似た香りを発するために、催淫効果を発揮するようです。

摩訶不思議?ミルラ

上記の二つに比べると知名度は低いですが、原料にとてもインパクトのあるアロマが、ミルラです。このアロマはなんと、雌のジャコウジカの生殖腺を使って作ります。つまり、フェロモンを放出する器官が原料になっているということです。これだけ聞くと、ものすごく効きそうな印象がありますね。 実際、人をソノ気にさせるとして非常に人気のあるアロマではありますが、本来、人間も含め、他の生物のフェロモンに反応はしないものです。どちらかと言えば、フェロモンアロマとしてのイメージが強いがための効能なのかもしれませんね。実際の効果としては、気分を落ち着かせる鎮静効果が真っ先に上がる物なので、彼女を安心させるために使う、という感覚でいる方がよいでしょう。

科学的に根拠のある物から、一種のプラシーボ効果でそんな気分になるかも、という物までご紹介しましたが、いずれにせよ、アロマはとても奥が深いもの。香りは好みが分かれる物なので、パートナーの嗜好も加味しつつ、色々試してみてはいかがでしょうか。

Menu

Copyright(c) ホントに効くの?夜を盛り上げるアイテムあれこれ All Rights Reserved.