包茎で悩む人におすすめしたい、自力での改善法

自力で包茎改善をするならば、効率のよいやり方や器具について知っておくべきです。包茎治療というと手術をすぐに思い浮かべますが、なるべくならばペニスにメスを入れたくないですよね。 実は自力でもズル剥けになることが可能です。自力改善のリスクや包茎改善グッズについてご紹介します。

包茎は自分で改善することができる?

男にとって最大級の悩みの一つである包茎、果たして自分の手で改善することはできるのでしょうか?結論から先に言うと、自分で治すことは不可能ではありません。全く剥けていない真性包茎の状態から仮性包茎に、そしてほぼズル剥けまでに至ることは可能です。
そもそも、包皮というのはある程度は自然に剥けていくものです。第二次性徴の辺りでペニスが大きく成長し、その過程の中で皮も剥けていきます。ただ竿が伸びきらなかったり、亀頭が太くなりきらなかったり、または皮がかなり余っているといった個人差によって包茎になってしまうのですね。
いずれにせよ、手術や器具を使わずとも、多くの人は仮性包茎くらいまでは自然になることができるわけです。ですから、自力で改善することも決して不可能なことではありません。

自分で改善するリスクとは?

では、実際に包茎改善しようとする場合、どのような点に注意すればよいでしょうか?自力で行った場合のリスクを考えてみましょう。

・怪我の恐れがある
真性包茎の場合、亀頭と包皮が癒着してしまっています。力任せに剥いてしまうと薄皮が剥がれて出血することもあります。また、血が出なかったとしても、長年癒着していた部分を剥がすことになるので痛みを覚えることもあるでしょう。自力で包茎を改善する時にはゆっくり、じっくり、時間をかけて行うことが大切です。

・血行障害が起きる
カントン包茎は包皮口が非常に狭くなっています。仮性包茎のように勃起時や手によって皮を剥くことはできるのですが、カリに引っかかって元に戻らなくなることがあるようです。さらに、亀頭に血液が溜まってしまって膨張してしまい、勃起状態が収まらなくなるというケースも。うっ血により古い血がたまった状態が続いてしまうと、壊死などの危険性もあります。カントン包茎の場合は無理に剥くのではなく、まずはじっくりと包皮口を広げる作業が必要です。

包茎はすぐに治らない

自力による包茎改善は時間がかかります。先述の通り、焦って無理に剥いてしまうと、怪我や壊死といったリスクがあるので絶対にやってはいけません。それぞれの包茎の症状に合わせて、時間をかけて処置していくことが大切です。カントンならば包皮口を広げる、真性包茎ならば日にちをかけてゆっくりと剥いていかなくてはいけないのです。

器具を使うことで、より安全に

なるべく早く包茎を改善したい、そういう場合には器具を使うことをオススメします。包茎改善グッズは色々とありますが、オススメなのは包皮口を広げるタイプのものです。皮を剥くためにはしっかりと皮が広がっている必要があります。また、包皮口を広げることで亀頭と皮の癒着もじっくりと取れていきます。指でやると爪で傷をつけてしまうなどのリスクがありますが、器具ならばそういう心配もありません。自力で包茎改善をしたいという方は、ぜひ専用のアイテムを使うようにしましょう。

Menu

Copyright(c) ホントに効くの?夜を盛り上げるアイテムあれこれ All Rights Reserved.