奥を突いて欲しいと願うのは女の本能が関係していた!

女性たちは、「見た目よりも性格が大切!」と、口では言いますが、実際は外見だって重要視しています。同じくらい優しくて収入もほぼ同程度なイケメンとブサメンだったら、確実に前者の方を選ぶに決まっていますよね。もちろん、これは極端な例ではありますが、女が外見を全く重視していないわけではないということを、男は理解しておかなくてはいけません。
ペニスだって「大きさなんて関係ない」、と口では言っていても、実は本能の部分では、「パワフルな男性器」を求めているものなのです。女が求める理想的なペニスとはどのようなものなのか、デカさに頼らないセックスをするためにはどうしたらいいのか、じっくりとご紹介していきます。

恋愛にペニスの大きさが関係する?

ある研究によると、女性は本能的に体の大きい男性を求めているということがわかりました。カナダで行われた調査では、無作為に集められた男性の中からどの人が好みかを、女性に聞いたのだそうです。すると多くの人が、「背が高い」「肩幅が広い」「腹筋がある」そういう異性を選んだのだとか。さらに、選ばれた男性を調べてみると、そのほとんどがペニスも大きく立派だったのだそうです。
この実験でわかることは、「肉体的に優れた男がモテる」「体が大きいとペニスもデカい傾向にある」という2つの事実です。女性は、体格の良さ=良質な遺伝子であるということを本能的に見抜いています。さらに、体が大きければペニスが大きく、子宮まで精子が届きやすいということまで感じているのではないでしょうか。つまり、体もペニスもデカい男が恋愛ではかなり有利ということなのです。

奥がイイ!を本能的に求めている?

ではなぜ、女性はペニスの大きい男性を求めるのでしょうか?先程も少し触れましたが、男性器が長いとそれだけ膣の奥で射精しやすくなります。結果として子宮まで精子が届きやすくなるのです。受精しやすくなれば、「子孫繁栄」という人間の本能を満たすことに繋がりますよね。ペニスが大きい男性を求めるのは、そういう人間の本質的部分が関わってきているのです。
また、女性の中には「ポルチオ性感」なるものが発達している人もいます。別名Pスポットと呼ばれているところで、子宮口付近のコリッとした感触のある部分になります。通常は硬くて刺激すると痛みがあるのですが、慣れてくると軟らかくなりちょっとした刺激で快感を覚えるようになるのだそうです。膣の奥にあり、入り口から10cmほどとかなり深い場所にあります。ですから、それなりに大きいペニスでないとポルチオ性感を刺激することができないのです。
Pスポット刺激は常習性があり、一度覚えてしまうとセックスの時にそれを求めずにはいられなくなるくらいだと言われています。それほどまでに深い性感を得ることができるのも、膣奥射精にて受精をしたいという女性の本能が働いているせいかもしれませんね。

大きさだけでなく、文明の利器で勝負する

ペニスの大きさが十分でポルチオ性感を与えられるくらいであれば、別に悩む必要はありません。しかし、日本人の平均サイズは11~13cm程度と言われています。そのためポルチオに達するか否かくらいのギリギリの大きさが普通なんですね。
確実にPスポットへの刺激を与えたいと考えるならば、ディルドの使用を検討してみましょう。子宮口は開発されていないと痛みがありますので、ディルドの素材はなるべく柔らかいものがオススメです。また、無理に押しこむのではなく、最初は優しく挿入していき、コリッとした部分に当たったら軽くグリグリと押すように刺激しましょう。女性の様子をしっかり確認し、痛そうだったらすぐにやめてください。 毎回のセックスでディルドを使用していけば、いずれポルチオも開発されていきます。ペニスが大きくなくとも、文明の利器で十分に本能を揺さぶる性感を与えることができるでしょう。

Menu

Copyright(c) ホントに効くの?夜を盛り上げるアイテムあれこれ All Rights Reserved.