男と女、それぞれが感じている包茎デメリットとあるものを使った改善方法

包茎は男性だけでなく、女性にもデメリットがあることをご存知でしょうか?男だけの悩みかと思いきや、実は女たちも皮被りによる被害を受けているのです。男女それぞれでどのような包茎デメリットを感じているのか、改善の方法も合わせてご紹介します。

女性に対するデメリット

包茎は女性に対してもデメリットを与えることがあります。たとえば、カリに恥垢が溜まりやすいので、夏場に異臭を感じさせてしまうことがあります。フェラをしようと皮を剥いたら白いカスがたっぷりついていた…。そんなことになれば彼女は怒って帰ってしまうことでしょう。
性感に関するデメリットもあります。女性の膣は案外鈍感なもので、挿入されても「何か入ったな」くらいにしか感じないのだそうです。とはいえ、竿とカリの違いくらいはわかるようで、亀頭がデカいペニスはとても気持ちが良いとのこと。包茎だと皮で包まれているので、カリの突起がわかりにくくなってしまいます。そのため、女性は膣で性感を得にくくなるのです。

男性が感じるデメリット

男性が強く感じている包茎のデメリット、それは見栄えに関するコンプレックスではないでしょうか。皮が被っているペニスは子供のような見た目で、なんだか情けない気持ちになります。短小と同じように大きなコンプレックスとなり、男性にとって包茎が精神的苦痛になってしまうのです。セックスも積極的にできなくなりますから、デメリットになり得るのではないでしょうか。
早漏になりやすいのも、セックスにおけるデメリットと言えます。女性からすると遅いよりは早いほうが良いものなのですが、男はプライドがありますからそうもいきません。射精を我慢するあまり、性感に集中できず、結局セックスを楽しめなかった…包茎にはそういうデメリットもあります。
他にも、真性・カントン包茎の場合は性交痛を得ることもあります。皮の癒着や亀頭・竿の締め付けなどが起きる可能性があるからです。重症になってしまうとセックスどころではなくなりますので、大きなデメリットと言えるでしょう。

包茎改善の方法

このように、包茎は男女ともにデメリットがあります。少しでも症状を緩和し、マイナス要素を引き出さないようにしたいものです。包茎改善のためにできることをまとめてみました。

・専用の器具を使う
多くの男性の悩みである包茎、実は改善のための器具も色々と販売されています。眉唾もののアイテムもありますが、実用性の高いものも、もちろんあります。中でもお勧めなのが包皮口を広げることができる専用器具です。口を広げることで皮を剥けやすくし、癒着した部分をゆっくりと剥がすことができます。自分の手でやるよりも安全ですし、時間も短縮できますのでぜひ試してみましょう。

・ティッシュで包茎改善
仮性包茎程度であれば、ちょっとクセ付けするだけで「ムケチン」にすることができます。通常時に皮を剥き、その状態を維持したままで亀頭をティッシュでくるむのです。すると、ズル剥け状態を維持することが容易にできるようになります。1ヶ月も続ければ皮にクセがついてくるので、剥けた状態になりやすくなるのです。これならば費用もほぼかかりませんし、手軽で誰にも知られずに包茎改善できます。ものは試しでチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

Menu

Copyright(c) ホントに効くの?夜を盛り上げるアイテムあれこれ All Rights Reserved.