粗チンでも大丈夫!ヤリチン男になるいくつかのコツ

粗チンであっても女性を満足させるヤリチンになることができます。ペニスが小さいと、男は性に関することに自信が持てなくなります。しかし、セックスは挿入だけが全てではありません。むしろそれ以外の部分を磨くことのほうが大切です。ペニスが小さくてもヤリチンになれる、テクニシャンになれる方法をご紹介します。

テクニックで女を性の虜にする

挿入することだけがセックスではありません。むしろ、会話や愛撫などそれ以外のほうが、トータルの性交タイムの大部分を占めています。ペニスサイズが人より小さくて自信が持てない、という人でもテクニックを磨けばヤリチンになることは、十分に可能となるでしょう。
とはいえ、テクニックに磨きをかけるためにはどうしたらいいでしょうか?AV男優の動きも参考にはなりますが、あそこまで激しい技を使うと、逆に嫌われてしまうかもしれません。実は、ハードな手マンや潮吹きプレイを好まない女性は結構います。また、男優たちは乳首を舐める時にわざと角度をつけています。カメラに映る際に視聴者が見やすいように調整しているのですね。なので、そのまま真似をするのはよくなさそうです。AVを活用する場合にはあくまで参考程度にしておくとよいでしょう。

優しいリードで女心を揺さぶる

女性の性感は、肉体だけでなく、精神的な刺激も重要なポイントとなります。たとえば、プレイ中に肩を抱かれたり、髪を撫でられたりと優しくされることで、「キュン」と」するのです。この胸の高鳴りがとても重要で、ドキドキすればするほどに性感も高まりやすくなるのです。頑張って女体を責め続けるだけでなく、言葉をかけたり、頭を撫でたりしてみましょう。
プレイ中だけでなく、それ以前の駆け引きも重要ですね。ヤリチンになりたいという目的があるならば、口説き上手になることが必要です。まだ男女の関係になっていない二人は、お互いの裸を見たことがありません。つまり、彼女はあなたのペニスが大きいかどうかなんて知らないわけです。ですから、デカチンかどうかではなく、あなたに男としての魅力があるかどうかが勝負の決め手となります。
女が男らしさを感じるポイントは、たくましさや優しい気遣いにあります。外見的には逆三角形で引き締まった肉体が好きですし、精神的には包容力のある人に女性は惹かれます。ペニスの大きさに自信がない…それならば、外見と内面を鍛えておけばいいのです。別に男性器を増大させなくても、口説き落とすことさえできればヤリチンになることはできるのですから。

アダルトグッズのテクニックも重要!

挿入に頼らないセックスをするためには、テクニックを鍛えることは重要なことです。とはいえ、何も手指の技を磨くだけとは限りません。アダルトグッズの知識や使い方を熟知することも、実は性戯向上に繋がります。しかも、オモチャはちょっとしたコツさえ掴んでしまえば、簡単に性感を与えることができるようになりますので、不器用な人でもエッチに活用しやすいというメリットがあります。
たとえば、最近人気のある電マ。非常に強い刺激を与えることができるため、女性をいとも簡単に性の虜にすることができます。ただ、かなり強烈な振動をしますので、強く当てすぎると女体を傷つけてしまう恐れがあるので注意しましょう。電マを使用する際には、弱からスタートしてください。そして女性の反応を見つつ、徐々に強さをあげていきましょう。肌に当てる時もギュッと押し当てるのではなく、振動部を軽く置くくらいの気持ちで十分です。
それくらいのコツさえ知っていればアダルトグッズを使いこなせたも同然です。あとは実践でなれていきましょう!

Menu

Copyright(c) ホントに効くの?夜を盛り上げるアイテムあれこれ All Rights Reserved.