いつの時代からアダルトグッズがあったのか

今ではネットでも簡単に買うことができるアダルトグッズ。大人として芽生えたころからアダルトグッズの存在を知っている方がほとんどかもしれませんが、これらのアダルトグッズはいつの時代からあるか気になりませんか? アダルトグッズの歴史を紐解いていきましょう。

日本の一番古い記録は飛鳥時代

日本にアダルトグッズが誕生したのは、飛鳥時代に中国から遣唐使が持ち帰ったのが一番古い記録として残っているそうです。絵は残っていないものの、今も日本の熊本に現物が残されているという話です。青銅製の張形を献上品のひとつとして大和朝廷に渡されたということで、張形というのが男性器の形をしたアダルトグッズだったのだとか。

奈良時代の話

飛鳥時代から奈良時代になると、今度は日本でアダルトグッズが作られるようになりました。素材は水牛角です。日本独自の張形が作られるようになり、実は今のようなアダルトグッズという感覚で作られていたのではなく、呪術や儀礼などに使う装飾品として作られていたのではないか、と解釈されています。アダルトグッズとして作られて、一般市民の目に触れるようになったのはずっと先の、江戸時代になってからという記録が残っています。

平安時代の話

今昔物語ワールドに書かれている内容ですが、旅の途中でどうしても性欲を抑えきれなくなった旅人が、道端にあったカブ畑を見渡して、カブを盗み、それに穴をあけて女性器に見立てて交接したという話が残っています。終わった後に畑に捨てて、すぐに旅路へと旅立ったそうです。急に性欲が湧き出てきて抑えきれなかったんですね。

鎌倉時代の話

このころにはアダルトグッズに関する内容が書かれたイラストと解説が残されています。一番分かりやすいのが男色用張型と、ローションです。ローションは丁字油と書かれています。男性同士で使われていたという記録です。そのほかにも、吾妻形というおなホールがあることも記録に残されていました。

室町時代の話

このころになると、薬の話が残されるようになります。例えば長命丸という薬は精力剤、いわゆる媚薬として使われていたそうです。今でいうところのサプリメントのような扱われ方だったようですね。

江戸時代の話

このころになると、今で言うところのアダルトグッズショップが誕生します。老舗アダルトショップ「四ツ目屋」です。売られているのはオナホールや、男性器をかたどった張形、コンドームなどです。張形はいろいろな形が売っていたようで、素材も水牛の角のほか、鯨の歯や木なども使われていたようです。ちなみにコンドームは今のようなゴム製ではなく、水牛の角で作ったものが一般的だったみたいですね。また、媚薬として長命力いがいにも、女性の感覚を増進させるための蝋丸という媚薬も売られるようになったそうです。江戸時代になるといろんなタイプの媚薬が作られたという記録も残っています。

いかがでしたか? 今の時代とは素材も使われ方も違った時代がありましたね。江戸時代になると一般的に使われるようになったようなので、この時代からいろいろな形の性スタイルが広まったのかもしれません。素材などを見ても今の時代がいかに恵まれているのかが分かるお話でした。

Menu

Copyright(c) ホントに効くの?夜を盛り上げるアイテムあれこれ All Rights Reserved.