身の回りにある食べ物の伝説

人間は大昔から、どうにかして精力をつけたい、女性を淫靡な気分にさせたいと考えて、それを実現してくれる食べ物を探し求めてきました。実際、普段私たちが何気なく口にしている食物の中にも、実はそのような効果があるとされている物が多々存在します。ですが、普段食べている物だからこそ、「これを食べたらエッチな気分になるよ」と言われても、にわかには信じられないかもしれません。何故それらがそう言われているのか、少し調べてみました。

チョコレートは恋の媚薬?

多くの女性が愛してやまないチョコレート。これに媚薬の効果があるというのは、大昔から言われていることのようです。何故かというと、フェニルエチルアミン(PEA)という脳内物質の成分が含まれているから。PEAは、恋愛感情の元になる物質であることが、医学的にも証明されており、媚薬の主成分とも言われています。そのため、ちょっと怖い話ですが、人工的に生成された物も含め、違法なドラッグの原料にもされているほど効果のある物質です。微量ですが、チョコレートを食べることで、この物質を摂取することができます。
しかし、含有量が少ないため、普通に食べてもいきなりメロメロには残念ながらなりません。大量に食べれば多少の効果はあるかもしれませんが、どちらかと言えば、血管を一時的に収縮させるチラミンという物質の反作用で、食べてしばらくした後に血管が拡張してはじめて変化が現れます。血行が良くなったり、チョコレートの持つ甘みが安心感をもたらしたりすることの方が、実際の効果としては大きいかもしれません。

エッチなのは形だけじゃない!バナナ

形状が男性器をイメージさせやすいのもあってか、男性がセックスの前にバナナを食べると良いとされています。精力増強などの効果があると言われていますが、これは本当なのでしょうか。
答えは、YES。早漏の原因の一つとして、脳内のセロトニンという物質が不足することが挙げられますが、バナナはこのセロトニンを効率よく作り出し、吸収するのに必要な成分が盛りだくさんです。まず、セロトニン生成の原料となるトリプトファン。それから、合成の助けになるビタミンB6。さらに、それが脳内に取り込まれやすくしてくれるブドウ糖。これが全てバナナには含まれています。もちろんこれも、医薬品のように劇的に効くという訳ではありませんので、薬感覚で食べても即効性はありませんが、普段からこまめに食べるようにしておくと、基礎的な強壮力がつくようです。

バイアグラと同じ効果!?スイカ

とあるアメリカの大学研究所が、スイカを食べるとバイアグラを飲むのと同じ効果がある可能性が高いとの発表をし、話題になりました。ほとんど水分の塊のようなスイカに、何故そんな効果があるのでしょうか。
これは、スイカに「シトルリン」という成分が含まれていることによります。シトルリンは、体内に摂取されると、アミノ酸の一種である「アルギニン」に変化します。このアルギニンが、体内の血流量や精子の生成量を増やす効能を持つ物質であるため、EDの治療に役立つと言われているようです。
ただし、バイアグラのように特定の部位に絞って効く訳ではないので、実際にはバイアグラと全く同じになるという訳ではありません。バナナと同じく、身体の基礎を作るために日々バランスよく摂取するのが大切なようです。

昔の人の知恵として知られる媚薬効果のある食べ物には、科学的根拠を探せば一応あるということが分かりました。しかしどれも、私たちが想像するような、即効性のある媚薬とは少し違います。日頃から身体に良い作用をもたらす食品をバランスよく食べて、楽しいセックスの時間に余裕をもって備える助けとしましょう。


Menu

Copyright(c) ホントに効くの?夜を盛り上げるアイテムあれこれ All Rights Reserved.