好きな香りで気分を盛り上げよう

いい香りは、セックスのときのムードを盛り上げてくれるアイテムです。たとえば、アロマキャンドルを炊いたり、アロマポットで精油の香りを楽しんだりするのもいいでしょう。シーツやまくらカバー、パジャマなどはきちんと選択して、石鹸の香りをさえておくといいですね。いい香りに包まれていると、気分がゆったりして本能が呼びさまされ、セックスに力が入りやすくなります。
いい香りがムードを運んでくる
セックスのときに、いい香りがすると気分が上がるものです。なんとなくどんよりしたムードになりがちなときは、気分転換に香りの力を借りてみましょう。気分がゆったりして、いいムードになります。特に、女性に効果が高いので試してみる価値がありますよ。いい香りの力にあやかりましょう。 セックスは体が密着するので、相手の体臭や口臭が気になることがあります。臭いに敏感な人ほど気になってしまい、集中できなくなるものです。特に男性はお風呂に入ってもまだ臭う人がいますからね。入浴の仕方を考え直してもらうことも大切ですが、とっさのときまで対応できないのも事実です。

欧米では、強い体臭をごまかすために香水の文化が発達したといいます。いい香りで悪臭を消せるたけではないものの、気分を紛らわせてくれることでしょう。ただし、自分たちの好みの香りでないと逆効果になるので注意してください。できれば、2人で香りを確かめて大丈夫だと思ったものを使いましょう。
アロマキャンドルやアロマポットを活用しよう
セックスのときに使う香りは、香水ではなく、アロマキャンドルやアロマポットがおすすめです。いずれも安全に使用するために、ベッドから離れた位置で使ってください。アロマキャンドルやアロマポットなら、長時間少しずつ香りを放出してくるので、おだやかに香ります。アロマキャンドルは火の元に気を付けながら使ってください。

アロマキャンドルやアロマポットは、部屋のムードを損ねません。むしろ、アロマキャンドルの火は、セックス中のぼんやりした明かりとしても効果的です。いい香りとおだやかな明かりでムードは抜群ですね。
清潔なシーツと枕カバーにも香りを
セックスのときには、シーツや枕カバーにも気を配りましょう。まずはきちんと洗濯して、皮脂汚れや臭いを退治してください。清潔が第一です。シーツや枕カバーは特にいい香りを付けようと思わなくても大丈夫です。石鹸の香りがすれば、十分でしょう。パリッとしたシーツと、清潔な枕カバー、もちろんパジャマもですが最低限気を配ってください。

シーツや枕カバーは、いい香りであっても強すぎると気持ち悪くなってしまいます。肌に触れるような近い距離で使うものは、ほんのりした香りであることが条件です。香水などを使うよりも、洗剤や柔軟剤でよい香りのものを選ぶ方がいいでしょう。普段洗濯をしていてこの香りが好きだと思えるようなものを探してみてください。
まとめ
ムード作りを助けてくれるのが、いい香りです。2人が好きな香りを選んで、アロマキャンドルやアロマポットを使ってみてください。きっと気分が盛り上がりますよ。また、シーツや枕カバーなども清潔に洗い、石鹸の香りをさせてみましょう。いい香りをかいでいるうちに、気分が落ち着き本能部分が呼びさまされてセックスへの意欲がわきます。好きな香りに包まれながら、ぜひとも情熱的なセックスを楽しんでください。