電動グッズ使用時の注意点

バラ 手軽にいつもと違う快感を生み出せる電動グッズは、マンネリ化を打破する心強い味方です。しかし、使い方を間違えると、思ってもみない問題を起こすこともあります。小さな物から大きな物まで、起こりうるトラブルとその対処法をいくつかご紹介します。


雰囲気ぶち壊し!電池の残量には余裕を持って

最もわかりやすいトラブルとして、「使用中に電池が切れてしまう」というものがあります。きちんと確認しておかないと、ここぞという場面で電池切れを起こして、白けてしまうかもしれません。特に、購入後すぐの製品には、テスト用の短命な電池しか入っていないことが多いため、買ってしばらくした頃に、このミスをやってしまいがちです。1~2回使ったら、まだ動くと思っても念のため、新しい電池に入れ替えておきましょう。

買う前にチェック!防水性

同じグッズでも、機種によって防水加工がしてある物とそうでない物があります。例えば、AVなどではよくローターを女性の中に挿入しているシーンが見られますが、防水加工がされていない安価な物でマネをすると、いとも簡単に壊れてしまいます。もちろん、電動マッサージ機など、本来セックス用の道具でない物は、絶対に水に浸けてはいけません。壊れるだけで済めばまだ良いですが、最悪の場合、感電などの大きな事故を引き起こします。故障させたり怪我をしたりしてから気付いても遅いので、事前にどう使いたいのかを考え、水に触れる可能性がある場合は、多少値が張っても防水性の物を選ぶようにしましょう。

火傷の危険あり!使用時間に注意

彼女の反応が楽しくてつい、ローターやバイブを当てっぱなしにしたくなることもあるでしょう。しかし、これは大変危険です。大体の電動グッズは、あまり長時間使い続けると、驚くほど熱を帯びてきます。当てられている女性側は、強い刺激で麻痺していることもあるので、あまり放置していると、本人も気付かない内に火傷をしてしまいます。説明書などにも、「長時間の使用は控えるように」「○分以上は使わないように」などと記載があるはずです。使用時間の目安はきちんと守り、間違っても、彼女の大事な所に括りつけたままその場を離れるなんてことはしないようにしましょう。怪我をさせてからでは取り返しがつきません。

正しく使えば、電動グッズは大変楽しい刺激の材料になります。トラブルではなく良い思い出を作るためにも、使い方をきちんと学んでおきましょう。

Menu

Copyright(c) ホントに効くの?夜を盛り上げるアイテムあれこれ All Rights Reserved.