ペニス力を退化させないために覚えておきたいポイント

ペニスは何もしなければ老化し、縮んだり勃起力の低下が起きます。人間は誰でも成長期が過ぎればゆるやかに肉体が衰えていきます。しかし、適度な運動や健康的な食生活を送れば、若いまま体力を維持することができますよね。ペニスも同じで、運動や食事に気をつけることで、そのパワーを保つことができるのです。 ペニス力を維持・向上させるポイントをご紹介します!

成長期が過ぎれば体は衰えやすくなる

人間の肉体は、成長期が過ぎてしまえば後はゆったりと衰えていくものです。定期的に鍛えている人ならばその老化スピードを抑えることもできます。しかし何もしなければ、30代、40代、50代…と体が弱くなっていきます。筋力が減り、骨が脆くなるというのは誰もがイメージできる老化です。また、人によっては食べる量が減ることから脂肪が減ったり、身長が縮むといったことも起きます。
実はそういった体の老化やミニチュア化をするのと同じで、ペニスも年齢とともに小さくなりやすいと言われています。男性器も肉体の一部ですから、それは当然のことなのかもしれませんね。成長期が過ぎた今、ペニス力を衰えさせず、大きさを減らさないためにはどうしたらいいのでしょうか?

暴飲暴食は絶対にダメ

ペニスにとって最も大切なのは、血液の流れです。勃起するためには血液が海綿体に流れてくる必要があり、それが滞るとしっかりと勃たなくなってしまうのです。フニャチン状態ではせっかくの夜も盛り上がりませんよね。たくましい勃起には血液の流れが必要不可欠なのです。
健康的な血流を維持するためには、日頃から食事に気をつけることが大切です。たとえば、脂っこいものばかり食べていれば、血中の脂肪分が多くなってしまい、血流が悪くなりやすくなります。また、お菓子など塩気や糖質の高いものもあまり良くありません。血液の質を下げてしまいますし、そもそも栄養価が偏っているので、体全体の健康を害することになってしまいます。
強いペニス力を維持するためには、暴飲暴食は絶対にいけません。栄養価が高く、それでいてヘルシーな食材を意識して摂取するようにしましょう。毎日ラーメンとか牛丼ばかり食べている人は、今日を機会に健康的な食生活を送ってみてください。それだけで、ペニス力はかなり向上するはずです!

適度に射精することが大切

ある研究によると、定期的に射精している人の方が、そうでない人に比べて勃起力が強いということがわかっています。運動不足や入院などにより体が動かせない日々が続くと、筋肉が衰えてしまって歩くのが大変になりますよね。それと同じで、勃起させたり射精させたりしないとペニスは衰えてしまうのです。
勃起や射精というのはペニスに与える負荷としては最も大きいものです。瞬間的に血流が高まりますので、血管を鍛えることにもつながるのです。また、性感は人間にとって大きな刺激なので、脳にも良い影響を与えてくれることでしょう。射精や勃起を定期的に行うことは、ペニスだけでなく頭の老化も防いでくれるということになります。
最近は良いオナニーグッズもありますし、週に2~3回を目安に自慰を楽しんでみてはいかがでしょうか。

運動でペニス力アップ!

血流をアップさせるということで言えば、やはり運動は外せません。それほど気張って体を動かす必要はありませんが、毎日の通勤以外にも30分程度のウォーキングをしてみてください。下半身に負荷を与える運動は、股間周辺の血管を大きく刺激します。結果的に勃起しやすい肉体に近づいていくことができるでしょう。
ウォーキングシューズやウェアなど、凝り始めるとそうしたアイテム選びも楽しくなります。夜を盛り上げるために必要なんだ!との意識を持って運動を楽しんでみてください。

しっかり食べて勃起させ、適度に運動をすれば、あなたのペニスは若い20代のころのままで維持することができるはずです!

Menu

Copyright(c) ホントに効くの?夜を盛り上げるアイテムあれこれ All Rights Reserved.