コスプレって、燃える?萌える?

「コスプレ」と聞くと、アニメオタクの世界の代物というイメージが強い人も多いでしょう。しかし、コスプレというのはそれだけではありません。広義には、職業ごとの制服や、スポーツのユニフォームなど、何かを具体的にイメージさせるコスチュームをまとってプレイすること全般を指す言葉です。 最近はラブホテルでも、警官の制服やチャイナドレスなど、女性が身に付ける衣装を貸し出してくれる所が増えました。男性側のニーズは大きいようですが、着せられる女性側は、どのように感じているのでしょうか。

着るだけでは面白くない

結論から言えば、女性にコスチュームを着てもらうだけなら、喜ぶのは男性側だけです。もちろん、男性が嬉しそうに興奮する姿を見て、女性側にもプラスの感情が湧くことはあるかもしれません。しかし、コスプレをすることそのもので女性が性的に盛り上がるという事は、残念ながらありません。 何故なら、女性はコスチュームと呼ばれる物に対して、性的なイメージをそもそも持っていないからです。男性にとってどことなくセクシャルな香りを感じるイメチェンも、女性からしたらただの着替え。それでは、女性にとってコスプレというのは、つまらない行為でしかないのでしょうか?

女性の妄想力を活用しよう

女性は脳でセックスをするとも言われます。極論、女性のセックスは妄想の塊だと言っても過言ではありません。男性と抱き合う時、女性の頭の中には、自分好みのおとぎの国が広がっています。実際の状況がその妄想と近ければ近いほど、感じやすくなります。 コスプレは時に、そういった女性の妄想を具現化するのに、大きな力になってくれることがあります。たとえば、普段は強気で男性を尻に敷いている女性が、実は「自分の弱い部分も受け止めて欲しい」という願望の表れとして、男性に強引に組み敷かれるのをとても好んだりすることがあります。そこで、彼女に警察官の制服を着てもらい、男性は悪人になって、自分を捕まえにきた女性警官を返り討ちにする、というイメージでプレイしてみたら、どうでしょう。女性の願望にも応えつつ、非日常的な空気感が味わえるでしょう。 このように、コスプレは、イメプレとセットだと考えておくべきです。

男性も着替える価値はある

その考えでいくと、女性のイメージする世界・シチュエーションに近づけるためなら、男性も一緒にコスプレするのもアリ、ということになります。二人ともスーツを着て上司と部下を演じてみたり、セーラー服と学ランで学生ごっこをしてみたり、と、二人でできることは多々あります。関係性の設定をきちんと一緒に話し合って、そのシチュエーションに最も近づけそうな服装を選びましょう。最初は慣れないかもしれませんが、慣れてくると男性側も想像力を膨らませて楽しむセックスに燃え上がれるようになります。

パートナーをただ着せ替え人形にするのではなく、空想上の関係性を形にするツールとして、コスプレを活用しましょう。新しい刺激が生まれるかもしれません。

Menu

Copyright(c) ホントに効くの?夜を盛り上げるアイテムあれこれ All Rights Reserved.