マンガやAVで見かけるアレコレ

よく、女性側の意見として「AVやマンガみたいなことをされても気持ちよくない」という声が聞かれます。実際、男性の欲望を詰め込んだ創作物には、女性から見たらトンチンカンすぎて思わず笑ってしまうようなプレイも多いものです。ですが、中には、本当に女性が気持ちよくなれることもあるし、少しやり方を変えるだけで魅力的なセックスライフのスパイスになる物もあります。代表的な物を挙げて考えてみましょう。

バイブって必要?

しょっちゅう見かける王道パターンとして、バイブで責める→「本物が欲しいんだろう?」→本番、という流れがありますが、果たして、女性はバイブの類を必要としているのでしょうか。
答えとしては「なくても別にいいけど、使い方次第」といったところです。基本的には、ああいったオモチャは少し固すぎるので、痛いとまでは言わないけれど違和感の方が強い、という女性の方が多数派です。そのため、バイブそのもので満足することは難しいですが、その違和感を「あなたのじゃなきゃイヤ!」という淋しさに上手く変換できれば、その後が盛り上がります。身近にある物での代用としては、野菜などが使われることが多いです。固さの面ではむしろグッズより良い場合もありますが、尖っている箇所があったりすると大変危険なので、あらかじめささくれなどを取っておく、使う時にはコンドームをかぶせるなどの配慮が必要です。

ヌルヌルプレイ時の注意点

次に、ローション。ヌルヌルと体中を撫で回されて恍惚の表情に浸っている姿は何とも魅力的ですが、あれはそんなに気持ちいいのかというと・・・「YES」です。男性の大きな手で、ローションを全身に塗られるというのは、女性に思いのほか安心感を与えます。もちろん、感覚がいつもと違うことによるドキドキもありますし、人によっては、敏感な部分への刺激が少しマイルドになるので良いという場合もあります。
代用品としては、お風呂でボディーソープなどを使う人が多いようですが、ここで注意。肌が弱い女性の場合、粘膜(乳首や陰部など)に長時間ソープをつけていると、炎症を起こしてしまうことがあります。また、膣内に入ってしまうと、必要な雑菌まで殺してしまい、膣内の免疫力が低下することも。泡のついた手で触るのは外側だけにしておき、粘膜のある部位はこまめに流してあげるように気をつけましょう。

アダルトグッズは女性に配慮して作られている

他にも、ローターを携帯のバイブ機能で代用したり、目隠しの代わりにタオルを使ったりと、工夫すれば創作物の真似をすることは簡単にできます。しかし、どんな時でも頭に置いておきたいのは、「女性の身体に配慮して選ぶ」ということ。女性の身体に使用するアダルトグッズはどれも、男性が思っている以上に、女性を傷付けないように配慮して作られています。セックスで受身の立場をこなすのは、非常に体力も使うし、身体を傷付けるリスクもあること。女性の身体はデリケートなので、ちょっと固すぎたり、尖った部分があったりするだけでも、簡単に壊れてしまいます。代用品を探す時には、機能的な部分だけでなく、女性の身体を傷付けないかという配慮もした上で選びましょう。

パートナーと一緒にマンガやAVを見ながら、「これ参考にしてみようか」などと会話ができれば、それほど素晴らしいことはありません。女性の意見を聞きつつ、それを実現できる方法を、女性への気遣いもしながら見つけられる男性になれれば、女性からの信頼感が増し、より濃密な時間を過ごせるようになるかもしれません。


Menu

Copyright(c) ホントに効くの?夜を盛り上げるアイテムあれこれ All Rights Reserved.