「媚薬」ってホントに効くの?-漢方編-

どうしても自分の力だけで性生活の改善が難しい時には、薬に頼るのも一つの手段です。しかし、性に関する薬には偽物や効果の非常に薄い物も多く、何を基準に選んでよいか分からない人も多いでしょう。特に、漢方薬については、西洋医学が基本となっている今の日本ではなかなかお目にかかる機会も少ないため、あまり馴染みがありません。
しかし、漢方薬は、古くから中国・日本で独自に進化を遂げてきた東洋医学の結晶。物によっては、普通の病院で処方される場合もあります。漢方薬と聞いただけで怪しむのではなく、正しい知識を身に付けておくと、得をすることがあるかもしれませんよ。

そもそも漢方薬とは?

漢方薬=生薬、と勘違いしている人も多いですが、これは間違い。漢方薬というのは、基本的には複数の生薬を組み合わせて作る薬品のことを指します。西洋医学が解剖学的な見地から病気の原因を特定して排除する、というスタンスなのに対し、漢方では、患者の身体全体のバランスを整えることで、結果的に病気を治していくという方法を採ります。身体の作りや調子は千差万別なため、本来であれば、患者一人ひとりに対して個別に調合・処方するものです。しかし、現在は漢方理論をもとに作られた汎用品としての医薬品も沢山作られています。

男も女も淫らに・・・なる?

セックスの際に活躍する漢方薬として最も有名なのは、「マカ」でしょう。サントリーから同名の製品も発売されていますが、そちらも滋養・強壮剤。男性の性生活の補助剤として、量販店などではアダルトコーナーに置かれていることも多いので、目にしたことがある方も多いかもしれません。元々は、アンデスの高地などで取れる植物であり、冬虫夏草などと配合して漢方薬にされます。男性の精力剤としてだけでなく、女性にも妊娠しやすくなるなどの効果があるとされています。
結論から言うと、効果があるかないかは、人それぞれです。何故なら、前述の通り、漢方は人によって必要とする内容が変わるものだから。元来漢方薬は、オーダーメイドで配合して初めて効果を現すものですので、同じ配合の物を複数の人が使うと、体調や身体の状態などによって、実際の効果は大きく分かれます。効く人には驚くほど効きますが、相性が合わないと全く変化を表さないようです。ですからある意味、効果が「ない」と言っても「ある」と言っても嘘ではありません。

必ずしも安全とは言い切れない

漢方薬は、由来が生薬であるせいもあってか、「副作用がない」「飲み合わせが悪いものなどもない」と思っている人も多いです。しかし、これは大きな間違い。自分の身体に合わない漢方薬を飲めば、バランスが逆におかしくなって不調をきたすこともあるし、他の薬と一緒に飲むと身体に危険を及ぼす場合もあります。
特に、同じ効能のある別の薬と同時に飲むと、そうなる可能性が何倍にも跳ね上がるとのことです。安全だと思い込まずに、もし使うなら事前に医師などへ相談された方がよいかもしれません。

何事もチャレンジャー精神が大切。うまく使えば、漢方でも効き目がしっかりある物と出会えるかもしれません。まだ試したことがない方は、ぜひ一度試してみてください。


Menu

Copyright(c) ホントに効くの?夜を盛り上げるアイテムあれこれ All Rights Reserved.